ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.09.19 Saturday

久しぶりの入荷・・・

みなさんこんばんわ、アクエリアの早川です。

 

久しぶりにサンゴが入荷しました。

珍しくソフトコーラルも入荷しています。

 

そしてミドリイシ

入荷の時の色も重要ですがその先はもっと重要。今回のスギノキは展示水槽の個体と同系統の個体期待が持てます。

 

オンラインショップには明日正午にアップいたします。

2020.09.18 Friday

明日から4連休・・・

みなさんこんばんわ、アクエリアの早川です。

明日から世間は4連休ですね。新規水槽のご紹介はお休みしてお店のストック紹介しておきます。







明日は久しぶりにミドリイシが入荷!! そして沖縄ソフトコーラルも入荷します。

2020.09.17 Thursday

新水槽設置のご紹介 その◆ΑΑ

みなさんこんばんわ、アクエリアの早川です。

 

前回に続き新水槽設置のご紹介です。

 

今回はRadionの最新機G5 BLUEを3台設置しております。

3面オープンの水槽なので下手にライトステイを使うよりも天井から吊り下げた方がすっきりしますのでお客様には天井へのコンセント取付をお願いしました。下の方から電気のコードが伸びているのもカッコ悪いですしね。

照明を吊り下げているオリジナルの照明パネルはアルミフレームとアルミパネルで作成しています。電源やアダプターなどを置いておくことができるようになっています。

 

サンプですがお店に来ていただいた方やSNS、ブログをご覧になっている方は見慣れた定番ということになると思います。

基本的にはサンプを置くスペースと使用機材によってサイズ等は決めていきます。

カラーはお好みですがOCTO商品を使用することが多いのでホワイト/レッドが比較的人気です。

定番ですがフィルターバック仕様になっています。

今回はスキマー、バイオペレットリアクター、カルシウムリアクター、メインポンプを収めていますので結構きちきちです。

コントローラーはこの位置にステイを作って取付しています。

今回設置させていただいた水槽のサンプ、ライトパネルはこの仕様ですが要望や使用機材はお客様により千差万別。ご要望に合わせて作成いたしますのでご相談ください。

 

2020.09.16 Wednesday

新水槽設置のご紹介 その ΑΑ

みなさんこんばんわ、アクエリアの早川です。

先週設置作業が完了し本日試運転をさせて頂きましたのでご紹介をさせて頂きます。

※※ システム ※※

水槽 1200×900×550 アクリル重合OF水槽
キャビネット オリジナルアルミフレーム+装飾パネル
サブキャビネット オリジナルコントローラーディスプレイ
サンプ オリジナルサンプ 750×500×350 フィルターバック仕様
スキマー OCTO Elite220S
カルシウムリアクター ReefLive V-Cal1200
バイオペレットリアクター OCTO Bio React120
メインポンプ VectoraL2
水流ポンプ Vortech MP40MQD×2
照明 RadionG5 BLUE ×3
クーラー ZRW500
貯水槽用クーラー ZC-200
貯水槽循環ポンプ OCTO AQ1800
貯水槽揚水ポンプ OCTO AQ3000
浄水器 クロノスレイン 加圧ポンプ+自動給水用(サンプ&貯水槽)TSO+LPP+ESO+サージタンク
ドーシングポンプ Kamoer F4Pro+専用ラック

なかなか圧巻のフルスペック仕様となっております。
全部を一度にご紹介できませんので数回に分けてご紹介させていただきます。

 

まずはオリジナルキャビネットです。
水槽を支えるキャビネット。水槽に飼育水が入ればその重さはかなりのものになります。なので当然ですがその重さを支える強度、経年劣化の少なさなどを考慮の上選定しています。また大型の水槽では開口部分の支柱が入ることが一般的ですが(900〜1200以上ですと入れることが多いです)もちろんない方がメンテナンス性においては優位なので今回は無しでも強度的に問題ないように選定しております。

アルミフレームはこんな感じ。アルミハニカムフレームを専用ブラケットで連結していきます。ブラケットもかなりごついです。もちろん強度と腐食性の低さ、経年劣化の少なさからメーカー、素材を選定しています。

 

水槽を乗せるだけでしたらアルミフレームだけでいいのですが扉を付けたり見栄えも含めて専用に作った装飾をかぶせます。こちらは水槽の重さを支えているわけではないのでそんなに厚みはないですが強度にとらわれないので自由度があります。今回はメンテナンス性を考えて3枚扉の完全取外し式にしています。

 

こちらは貯水槽クーラー用のキャビネット兼コントローラーボックス。
メインのキャビネットと柄は同じにしてあります。Vortechとクーラーコントローラーが収まるように作ってあります。

ごちゃごちゃになりがちな配線や電源タップはコントローラー裏側にスペースを作って収めています。アクセスは天板を取外し式にすることで確保しています。

 

今日はここまでで次回は照明パネルとサンプをご紹介します。

2020.09.11 Friday

枝状ライブロック入荷・・・

みなさんこんばんわ、アクエリアの早川です。 ずっと入荷がなかった枝状ライブロックが入荷しました。 大きさ、形は様々です。棒みたいな形状ではなく枝が絡み合ったような形状のものが多いです。 参考までに適当に組みました。 端から端までが約70僉90竸總緲僂隆篩箸任垢諭 隙間あきあきで通水性も抜群!魚の隠れ家にも最適です。 ある程度の量が入荷しておりますが新水槽立ち上げなどたくさん必要な方はお早目に。
Powered by
30days Album