ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アップしましたetc・・・ | main | 明日の営業&カク・・・ >>
2019.07.31 Wednesday

立ち上げに・・・

みなさんこんばんは、アクエリアの早川です。

最近「新しい水槽を立ち上げるのですがバクテリアって何使えばいいですか?」というご質問を何件か受けたので今回立ち上げ中の水槽を紹介しておきます。

牛のように遅い立ち上げになっておりますが正直かなりゆっくり時間をかけてやっております。

こちらの水槽で立ち上げに使用したのはこの二つです。

KZのZeoBackとTUNZEのCAREBACTER

どちらも手番中の定番でリピーターも多い商品ですね。
なぜこの二つかというとまずどちらもお店で常時在庫していることとZeoBackに関しては以前から愛用していて効果も高く実績もありリン酸の処理に他の商品よりも優れていると体感的に感じるということ。TUNZEのCAREBACTERは使用したときの効果が視覚的にわかりやすく冷蔵不要なので使用しやすい点、また商品価格はやや高め(といっても¥4,800)ですが定期的に使用していく上でランニングコストに優れる点でこの二つを使用しています。

その他にもシーケムのプリスティンやスタビリティ、エンザイムコンプレックス等ありますが今回スタートはこの二つにしました。もちろん今後何種類かは使用していこうと思っています。私はバクテリアの種類を多くしてお互いの商品にないものを補うように使用していく派なので大体最低でも2,3種類を複合で使用しています。

バクテリアを立ち上げの時にしか使用しない方もいますがやはり定期的なバクテリアの添加(1週間毎程度)をお勧めします。バクテリア剤はもちろん有用なバクテリアが複数種類入っているわけですがそのすべてが水槽の中で生き残りやすいわけではありません。もちろん中には有用だが水槽内では生き残りにくいバクテリアのいます。バクテリアは単一種類で何かを全て行っているわけではありませんので複合的な作用もあり相方?がいないと働かないということもあります。それが進むと種類はどんどん減って単一化していきますので初期の効果は得られなくなってきます。なので定期的にバクテリアを添加して良好なバクテリアバランスを保つということはとても大切です。
Powered by
30days Album